Homoeopathy & Yoga

naturecure.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 17日

心の問題は体で、体の問題は心で

4回目の座禅断食に行ってきました

お隣に座った青森の素敵なご夫婦の力を借りて
今回、初めてまわりの人と口をききました〜(苦笑)
これまではそんな余裕がなかった…

気づけば、ちょっとしたヨーガ教室みたいになって
ホメオパシーの質問もいろいろされました

自分が毎日やっていることで
こんなに喜んでくれる人がいることを知り
ちょっとだけうれしくなりました

その中には、なんと高校野球の監督さんもいて
生徒の股関節を柔らかくする方法を聞かれ…

高校野球大ファンの私は大興奮 !?
おかげで、そのあとは呼吸が乱れ
頭の中は、野球選手のためのヨーガプログラムでグルグル
最後の座禅はグチャグチャになりました〜笑

そして今回は、主催者の野口法蔵氏とも
少し言葉を交わす機会に恵まれました
シャイですが、とても温かい方という印象で
私のどんな愚問にも、丁寧に答えてくれました

近くに彼の著書もあったので
ピラピラとめくっていたら
ある言葉に目が止まりました
それはここ数年、私がなんとなく思っていたこと

「心の問題は体で、体の問題は心で解決する」


〜以下、彼の著「人間の頂」からの抜粋です〜

チベットには「体の問題を解決するときは心を動かし、
心の問題を解決するときは体を動かせ」という意味の諺があります
病気など肉体の問題を抱えたときは心を変える努力をし
迷いや悩みのような精神の問題を抱えたときは
頭で考えるのではなく、体を使いなさい、ということです

今、日本人の多くは、この教えと逆のことをやっているようです

たとえば、病気になると医者に行って薬をもらい、ときには手術をする
それを当たり前と信じて疑わない人が大半です
でもそのやり方で治る病気はごく狭い範囲のもの
ガンや精神病とか治療の難しい病気などはなかなか治りません

また心の悩みを抱えると
蓄えた知識や情報を駆使し頭で必死に考える
自分だけではわからなくなって人に相談すると
その人も一生懸命に頭で考えアドバイスをする
衆知を集めて解決しようとします

それで目先の問題は何とかできますが
また同じような問題に直面する
それでみんなで悩んだり不安になったりしています

しかし、今のやり方を続けている限り
現状にそう大きな変化は起きてこないでしょう
やり方が逆だからです

心の問題は体を動かし、体の問題は心を動かすようにするのです


この文章を読んだとき、ため息が出ました
ハァ〜、やっぱりそうか〜
チベットの人は昔から知っていたんだー

そして痒みはというと…
宿便が出た後、ピタッと止まりました
やっぱり腸はスゴイです
戻って普通の生活が始まったら
少し痒くなってきています

こういうふうに書くと、食事や腸といった
肉体(物質)的なことを思いがちですが
それだけではありません
座禅による集中と心の静寂は大きいです
ご存知のように腸は自律神経で動いており
心や感情と深いつながりがあります

素敵な人や本との出会い
あ〜ありがたい、ありがたい








# by naturecurejapan | 2017-06-17 11:36
2017年 06月 11日

話すこと、聞いてもらうこと

e0167688_07264479.jpg
写真は昨日のPARK YOGAの風景、始まる前

先月は雨で中止になった代々木公園でのヨーガ
気温は高くなっているけど、木陰は超気持ちイイ〜
涼しくて、ちょっとひんやりして静かだ
木々の緑が美しく、鳥の声が最高でした!


最近思っていること…

みんな自分のことを聞いてもらいたい
気持ちを話したいのではないかということ

いやいや、私は人に話なんかしたくない
そういう人もいるだろう

でも、それは相手次第なのではないだろうか?
これまでたまたま話せる相手に出会っていないのでは?
または、話す以外の表現方法を持っている人もいるだろう

絵を描くとか、歌を歌うとか
楽器を演奏するとか、踊るとか
写真を撮るとか、文章を書くとか
ものを作るとか…表現方法は千差万別

病気の人が元気になる過程で
こういった創作活動に没頭する時がある
それも自己表現という、調整なのだと思う

それでもやっぱり聞いてもらうことは大事なのではないか
話しているうちに気がつくことがあったり
たまに共感できたりして、嬉しかったりホッとしたり

表現することは生きることだから
誰かに話を聞いてもらうというのは
とても大切なことのように思う

そう思うと、ホメオパシーの健康相談は
なかなかいいものだと思う
健康相談を受けないでレメディーで対応するのは
一時しのぎの対処療法に似ている
それでは本当の効果が得られない気がして
ちょっともったいない感じもする

急性病(一過性で病原菌などが元になるもの)の場合は
自己流でレメディーを選んでもある程度の結果は出せる

でも慢性病(中からできたもの)の場合は、そうはいかない
特に大人の慢性病に関しては根が深い

数ヶ月に一度、時間をとって話を聞いてもらう
その相手はあなたの話を聞こうと、そこにいる
そうやっていろんな話をしながら自分に想いを馳せる
それも大切な同種のレメディーだと思う
実はそれが一番いいレメディーだったりするかもしれない♪

*こうやって私もブログで自己表現、聞いてもらいたいのです(笑)






# by naturecurejapan | 2017-06-11 08:17