2017年 04月 29日

思ったこと

もう6年くらいお世話になっている
介護施設&病院でのヨーガのクラス
そこで、ストレスについて相談されました

彼らは、ストレスを減らすために
組織で何ができるのか?について話していました

話を聞きながら、ストレスが多い人とそうでもない人
その違いに思いを馳せていました
その時、ふとある言葉が浮かんで来ました

「自己肯定感が低い人はストレスが多くなる」

劣等感や否定感があると自分に厳しくなります
自分に厳しくなると余裕がなくなって、人にも厳しくなってしまう
そうすると、気に入らないことや納得のいかないことが増えます

自己肯定という言葉を使うと…
ポジティブに受け入れる
みたいな印象を与えますが
そうではなくて

「今の自分をそのまま知る」という感じ

いいとか悪いとか、好きとか嫌いとか
正しいとか、間違ってる、といった判断は一切なし

「あ〜、今私はこんな感じなんだねー」

ただそれだけです

でもこれは、自分のことがある程度わかっていないと難しい

全てのものは変化していて
自分も刻々と変化しているので
「確固たる自分」みたいなものは見つかりません
でも今の自分はどうなのか、くらいは知ることができます

この「自分を知る」という作業に向いているのが
ホメオパシー&ヨーガです

ホメオパシーは自然のものをコツコツとりながら
自分の変化を観察していきます
1−2ヶ月に一度の相談会でいろいろな話をしながら
自分のことに少しずつ気づいていきます

ヨーガではアーサナや呼吸法、瞑想法を通して
今に意識を向け、自分を観察していきます


ストレスの話に戻りますが
要因だろうと思われる出来事や人の影響はもちろんありますが
自分に対する否定感や劣等感というものが
その人を苦しめ、ストレスを増やしている気がします

そうそう、ストレスといえば
私もこの春はけっこうやられました

でもある時思いました
「ちっちゃいな〜」

もし私に子供がいて、その子が病気だったら
震災で、住むところや大切な人を失ったりしていたら

この春の出来事なんて、ハナクソみたいなことです

そんなことで、どん底まで落ちるとは…
「ちっちゃい、ちっちゃい」苦笑!







# by naturecurejapan | 2017-04-29 17:12
2017年 04月 18日

どん底から

言葉にして書くのもはばかられるくらい
今年の春はきつかった

まずは湿疹
首から始まって全身に
最終的にいちばん酷くなったのは
足の付け根から内腿
大切な部分の近く

痒みで夜眠れないのがつらい

そんな時に、ハッキングに遭い
泣きっ面に蜂

この問題を解決するためのストレスは大きく
湿疹も痒みも一気に悪化した

朝瞑想していたら、心の叫びが聞こえて来た
「疲れた…、もう限界」
そこから涙が止まらなくなって、声を出して泣いた

SOSを送った友達に勧められて
漢方の専門、K東洋医学研究所へ行った
そこは、精製された漢方薬ではない
植物そのものを出してくれて
毎日煎じて服用するという

物質に頼るのは抵抗があるけど
精製されていない植物なら…と
勇気を出して行ってみた

担当医師は言った
私は内科だから、皮膚のことはわからない
すぐに皮膚科の病院(漢方ではない)へ行きなさい
敗血症になったりしたら、大変なこと
紹介状を書いてあげる

いやいや、皮膚の問題は内臓でしょう
だから漢方をと思って門を叩いたのに

この瞬間にひとすじの望みが消えた

でもこれで、自分の腹が決まった

やっぱり、自力でなんとかしよう
まだやれることがある

そこからもう一度、レメディーの日々が始まった
それも一種類だけに絞った
食事と生活も見直して整えることにした

ハッキングに関連した問題で
どうにもならないことが一つあったが
それはもう諦めることにした

痒み=やりたくないことをやっている
症状が出ている部位=自分は十分でないと思っている
と、ある友人が本に書いてあったと教えてくれた

窮地に追い込まれた時、感じることがある

レッスンに行くと、馴染みの生徒さんたちが待っている
彼らの顔を見ると、意欲が湧いてくる
たわいもない話で、笑ったりしているうちに
気分が変わってきて、楽になる

相談会でもそうだ
クライアントさんの話を聞いているうちに
どんどん意欲が湧き上がってくる

私は、この人たちに生かされている
彼らの優しさや笑顔で
生きることができている

今回もそれに気づくチャンスをもらいました

いつも、いつも、ほんとうに、ほんとうに
ありがとうございます♪












# by naturecurejapan | 2017-04-18 11:30